PowerShell Gallery の Module の利用方法 (よく使うコマンド集)

完全な自分のためのメモ。

PowerShell Gallery の Module を探したり (Find)、持って来たり (Install)、使えるようにしたり (Import) といった、最低限おぼえておくべき、よく使うコマンドを列挙する。

PowerShell Gallery から希望する Module を探す場合

Find-Module | Where-Object { $_.Name -match "{search string}" }

探した Module で、利用可能な Version (すべて) を表示する場合

Find-Module -Name {module name} -AllVersions

見つけた Module をマシンに Install する (ローカルに持ってくる) 場合

Install-Module {module name}

特定の Version を決めうちで Install する場合

Install-Module {module name} -RequiredVersion {version}

マシンに Install 済の使用可能な Module の一覧を取得する場合

Get-Module -ListAvailable

Install された Module (つまり、その Module 内の Command) を使える状態にする場合
(ただし、Windows PowerShell のウィンドウを閉じてセッションを終了したら終わり。いつも使う場合は、毎回 Windows PowerShell 起動時に、このコマンドを実行すること。)

Import-Module {module name}

Import 済の有効な (使える) Module の一覧を取得する場合

Get-Module

その Module 内で使える Command (Cmdlet) の一覧を取得する場合

Get-Command -Module {module name}

利用可能な Command を文字列で絞り込む場合

Get-Command *{search string}* -Module {module name}

Module をマシンから Uninstall する場合

Uninstall-Module {module name}

ただし、上記は単一の Module だけを追加・削除するので注意。
例えば、Web PI などインストーラー経由で複数の Module をまとめてインストールするケースでは、[プログラムと機能] (programs and features) などから Uninstall するほうが良い。そうすると、Install 時に入れた関連する Module すべてを削除してくれるためだ。(例えば、Azure PowerShell など)

Advertisements