JavaScript API 1.1 for Office でメール編集アプリが可能に !

JavaScript API 1.1 for Office が公開されたようだ。

JavaScript API 1.1 for Office :
https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1.1/hosted/office.js

この API は、Office 2013 SP1 と組み合わせて使うようなので、あとは SP1 を待つだけだ。ちなみに、 Office Blogs の投稿 によれば、 Office 2013 SP1 のリリースもそう遠くはないだろう。

さて、この Update で自分が特に注目しているのは、Mail Add-in (旧 メール アプリ) だ。

既にドキュメントが出ているが、 Office 2013 SP1 を適用することで Mail Add-in の Compose form、つまり、メール (Message) や予定 (Appointment) の作成・編集画面でもアプリを表示することができる。(これまでは表示画面でしかアプリを扱えなかった。) さらに、JavaScript 1.1 の API リファレンスを見ると、「Added to enable creating and editing the body of a message or appointment in compose mode」と書かれており、 添付ファイル (Attachment) を追加する addFileAttachmentAsync メソッドや、Body への setSelectedDataAsync メソッドなどが追加されている。

バージョンこそマイナーアップだが、想像してもらうとわかるが、これは相当可能性が広がる。
例えば、メール (Message) の作成を支援したり、コンテキストにあわせた予定表 (Appintment) の作成をおこなうような、ようやく実用的な Mail App (メール アプリ) が作れるようになってくる。

@IT : Office App の作り方と、できること/できないこと」にも書いたが、 もともと Mail Add-in の API は可能性が広く、この点 (作成・編集を扱えない点) が指摘されてきたが、これからは Mail Add-in がますますおもしろくなってきそうだ。(きっとフィードバックも多かったのだろう)

Advertisements